医療福祉事例検討会レポート〜高次脳機能障害を持つ事例

0

    20171215医療福祉事例検討会レポート

     

     今回は、50歳代で高次脳機能障害を発症し、失語・失行・他動的・他罰的・注意障害・脱抑制症状などの問題行動が現れ始めたケースでした。

     

     仕事中の夫に何度も電話を掛ける、同じ敷地内で別居している義母宅に何度も出入りしたり、早朝3〜4時台に家の中でドタバタし家族を起こす、等で介護家族が疲弊し、ケアマネジャーが家族負担を減らすことを念頭に困難事例として挙げられました。

     

     高次脳機能障害について脳外科医から説明があり、
    ・脳梗塞後遺症とは違う
    ・認知症とは異なり記憶障害があっても感情はそのまま維持される
    (=プライドも強く維持される。この点で関わり方が難しい)
    ・一見、普通に見えることもできていないことがある、
    などを伺いました。

     

     これに基づき、脱抑制症状は該当しないため、前頭側頭葉型認知症(既往歴に左側頭葉皮質下出血もあった)が影響を及ぼしているのではないか?という指摘がありました。


     ここ数回の事例検討会では、診断された病名やその程度が、果たして適当であるのか?という指摘が続いています。
     我々鍼灸マッサージ師も、対応する患者の病名や程度について、適当であるかどうかの冷静な視点を持たないといけないと改めて思いました。

     

     さて、家庭内で家族を疲弊させる大きな要素が、明け方の活動です。
     家族の睡眠時間を大幅に削ることになり、精神的な負担が大きくなっています。
     早朝に起きることについて、病気に起因するものと推測される問題提起がありましたが、そもそもこの方は、病気発症前はファストフード店で朝勤務だったそうで、可能性として出勤前に家事をこなすため、元々起床が早かったかもしれないと指摘がありました。

     

     この症例に限らず、特に認知症の方の言動が、病気によるものか元々の性質によるものか、見極めが難しいケースは多々あります。
     上記のケースであると、そもそも超朝型なライフスタイルであった場合、睡眠薬でどこまで制御できるか?という疑問が生じるようです。

     

     この点でも、我々鍼灸マッサージ師は、患者や家族と接する時間が比較的長いため、多少なりともこの問題に情報提供することができそうです。

     

     また、本人は「眠れていない」という発言をされるそうです。周囲からすれば“寝ている”そうですが、熟睡度に疑問が生じます。

     

     この日の最後の感想発言タイムでも発しましたが、鍼灸マッサージの観点からすれば、頚肩等を緩めることで睡眠を深まり、頚肩のツボは精神安定の作用があるわけです。
     こうしたケースでも鍼灸マッサージや東洋医学の知恵が役立てる場面が大いにあると感じました。

     

    今回のまとめ;
    1、診断名やその程度を確認する視点を持って施術に臨む
    2、診断に繋がる患者情報を蓄えていくという視点が必要
    3、睡眠の質について、東洋医学や鍼灸マッサージからの視点を伝えていきたい

     

     今年は、この事例検討会において、ある困難事例の一症状に対しケアマネジャーの方からマッサージの活用も検討してみたらどうかと言う発言を頂いた場面が数回ありました。昨年からすると、目覚ましい、大きな進歩です。
    (このケアマネジャーに直接関わるマッサージ師の力も大きいでしょう)

     

     また来年も、医療福祉事例検討会において、他職種の方々に鍼灸マッサージや東洋医学的な視点を伝える活動をしていきたいと思います。

    (文責:つくば草の根はりきゅう院 小池栄治)


    膝周囲の痛み、膝屈伸運動時の痛み

    0

      雰囲気1

      症例第3弾です。

       

      70代男性

       

      主訴:膝周囲の痛み、膝屈伸運動時の痛み

       

      初見:怪我となるような原因や、膝の腫れは無いものの、臀部から大腿部に強い筋肉の緊張が見られる。

       

      施術:臀部と大腿部前後面の筋肉全体を広い面で軽く圧迫、軽めのストレッチを加えることで筋肉の緊張が無くなりました。

      膝そのものでなく、膝の動きに関わる筋肉へアプローチすることで、膝の痛みが軽減し、足が軽くなったとマラソンに復帰されました。

      ごく軽い刺激によりリラックス効果が期待でき、血行の戻りと共に疲労物質も、上手く代謝されたのではないかと考えます。

      年齢や男女の別無く、この様な症状を訴えるランナーが多く、皆同じように施術を行うことで、痛みが軽減しました。

       

      我々の普段の治療の場においても、症状のある部分だけに捕らわれず、そこに関わってくる色々な方面に目を向ることが、重要であると再認識しました。

       

      脈状診 大山鍼灸院

      大山智弘


      大腿部と膝裏の痛みを中心とした下肢全体の緊張と疲労

      0

        厚木先生

        症例2

         

        大腿部と膝裏の痛みを中心とした下肢全体の緊張と疲労(20代男性)

         

        部分的には腰部、足関節周囲の筋緊張を緩めて、後は揺らすような感じで全体の流れが改善するように施術をしました。

         

        下肢全体の緊張が取れ、膝裏の傷みも気にならなくなったようで、復活した!と仰ってコースに戻って行かれました。

         

        日頃には無いスピーディさと緊張感、そして一体感のようなものを体験させて頂きました。ありがとうございました。

         

        からだ元気治療院

        厚木美幸
         


        左脚の内転筋が攣った症例

        0

          つくばマラソン施術ボランティアで活動された会員より、症例を挙げて頂きました。

           

          磯田先生

          第1弾です;

           

          受付で、攣ったと訴えあり。歩くのが大変かと思うほどの状況で、不安定ながら跛行しつつ、ベッドまで来れた。

           

          患部を確認し、その他に辛いことを質問すると、両膝周囲にも疼痛ありとのこと。2日前の練習中にも、同様の症状があったとのこと。

           

          まず、患部にクリーム(メンQ)を塗布し、痛み緩和を図った。次に、周囲の筋肉に負担が掛かっているので、両下肢筋の緊張を緩めた。具体的には、痛みの出ない範囲で、脚の屈曲とストレッチ開脚を行い、痛み緩和と血流促進(ストレッチ効果)を施した。最後に、左脚の内転筋の補強と疼痛緩和および支持筋力保持の目的で、テーピングを行う。

           

          施術後、立位にて足踏みもして頂き、術後の負荷の掛かり具合や痛み程度、そしてこの後に走れそうかを問うと、だいぶ良いとの返事を頂いた。コースに戻って走って行く際には、足は引きずっていないように見えた。


          施術後、立位を取ってもらい、足踏みもしていただき、脚の具合い、痛み程度、この後に走れそうかをランナーに問うと、だいぶ良いとの返事をいただいた。そのまま、コースに戻って走って行きました。跛行している様は消えているようでした。

           

          磯田鍼灸整骨院
          磯田明彦


          第37回つくばマラソン施術ボランティア

          0

            集合写真

            11月26日(日)第37回つくばマラソンが開催され、ボランティア施術を行いました。

             

            場所:24.5キロ地点

            参加者:つくば師会会員(塚本、沼尻厚木、磯田、小池大山

               お手伝いの先生方:上杉大先生(IGNIS治療院)、李志城先生(かとり台整骨院)

               一般ボランティア方4名

            計12名

            ◆利用人数:79名

            (名簿記載後キャンセル2名、混雑していたため名簿記載せずコース復帰約3名)

             

            ◆症状部位

            首:0名

            肩:1名

            もも:30名

            ふくらはぎ:23名

            足裏:13名

            股関節:1名

            尻:1名

            膝:17名

            足首:2名

            腰:2名

            全身:2名

            楽に走りたい:1名

            張っている:1名

            関節:1名

            記載なし:3名

            ※1人が複数の部位を訴えるケースがあるため合計は81を超える

             

            今回は、事前に前大会で不備と思われる点を挙げて(施術ブースの場所、広さ、支給される備品について)要望書を作成し、スポーツ振興課に提出しました。

            課の担当者も快く受けてくださり、施術環境は前年と比べ、大きく改善されました。

            又、以下に挙げる「声掛け」を行ったことで、各施術者がその時の状況を把握することができ、混雑時のランナーの待ち時間短縮に繋がりました。

             

            ●施術待ちのランナーの人数を知らせる。

            ●ベッドが空いた際、施術者から受付担当者への速やかな声掛け。

             

            次に問題点として、以下に挙げる意見を頂きました。

            ●受付で症状を聞く必要が有るのか(結局施術に入るときまた症状を聞かれる)

            ●受付表の記入方法の見直し(混雑時は名前を記入するのも大変である)

            ●アンケートハガキは受付で渡すようにしてはどうか(施術終わりに術者が渡していたが、混雑時に忘れてしまう)

            ●受付した順番どうり施術するのではなく、マラソン復帰希望の方を優先的に施術してはどうか(例えば混雑時は、復帰希望組とリタイア組で分ける)

             

            以上、これら問題点を改善し、今後の活動をより良いものに出来ればと思います。

            (文責:脈状診 大山鍼灸院 大山智弘)


            20171117医療福祉事例検討会

            0

              今回は認知症疾患センターからの事例で、現在は入院中の当事者をいかに処遇していけるか?が課題となりました。


              当事者は80代半ば、男性。家族は妻と長女のみで同居していたが、アルツハイマー型認知症より徘徊と暴力があり、自宅療養が困難とみられ、入院を継続している。
              女性に対して強圧的な姿勢がみられ、入院先でも、男性職員の言葉は聞くが、女性職員は軽んじる傾向があるとのこと。
              家族は、決して介護意欲がないわけではないが、徘徊に付き合ったり、暴力を受けることを考えると、施設入所に行き着くのが妥当とみられる。しかし、女性に対する暴力性がみられるため、現状では困難。

               

              課題は、徘徊して他の患者の部屋に入ったりしてトラブルが生じることと(施設入所になったとしても同様の問題は生じ得る)、暴力性が落ち着かないこと。
              共に、「いい鎮静の具合がないか?」というのが病状的には課題とみられました。薬物による行動の抑制は、現時点では試行錯誤状態で、有効な落ち着かせ方を見つけられていないとのことです。

               

              病院からの事例提出に対し、施設ケアマネージャーからの言葉は頼もしいもので、そうした不穏な状態の方は既に利用されていることも多いため、対応は可能であると捉えられている。ただし、施設は女性職員が多い為、特に夜間帯勤務時が不安であると発言され、ここでもいかに落ち着かせるかが課題となっていました。

               

              今回の事例に対して、こうした暴力行為や不穏状態にある方に対し、体表面からのアプローチが精神面にも鎮静作用があることをいかに伝えるか?を思案していて、結局手を上げることができませんでした・・・。
              エビデンスから指摘すべきか、それとも背中を撫でて落ち着かせるようなしぐさは一般でもあるからそちらから攻めるか、毎回悩み、答えが出ません。

               

              このケースでは、自宅にいた際に、隣家の親しい方が遠方家族の傍に行かれて居なくなってから元気がなくなったとありました。訪問マッサージに限った話ではありませんが、手を当てながら親しく話せる関係になっていくのは、我々のような職種ではよくあることです。それが体調面でも良い効果を作り出す原動力になっていると捉えられる場面も多々ありますが、事例検討会のような場でその効果を主張できるとは思えず、苦悩します。

              なかなか悩ましい事例でした。

               

              今回は感想タイムは設けられなかったので結局上記のマッサージ方面からの提案は全くできなかったのですが、報告者グループの医師には、最後に考える会のニュースレターをお手渡しした機会に背中を擦る施術の効能に鎮静効果を求めることができなくもないとお伝えしました。どのように聴いて下さったかは分かりませんが・・・。

               

              以上、今月の報告でした。


              第36回つくばマラソンにて

              0

                11月20日、第36回つくばマラソンが開催されました。

                走られた方は千三百名近くいらしたそうです。

                 

                当会では、これまで20年以上ご協力させて頂いてきたランナー対象の施術ボランティアを今年も行いました。

                 

                今回の施術ブースは、フルマラソンコース24キロ地点に設置されました。

                20161120つくばマラソン
                 治療を求めて来られたランナーの多くは、

                ・ふくらはぎや太ももがつってしまった、

                ・足がパンパンに張ってしまった、

                ・膝や足首、股関節がだんだん痛くなってきた

                等の症状を訴えていました。

                 

                 原因は、長距離を走ってきたことにより、筋肉や関節周囲にある腱や靭帯に、継続的に負担が及んだ為と考えられます。

                 

                 治療後はほとんどのランナーがコースへの復帰を希望されます。マラソンでは制限時間が設けられていることから、訴える症状に対し、短時間でいかに有効な治療を行うかが重要になります。

                 

                 今回、短時間での施術でしたが著効を得られた症例をご紹介いたします。
                症例:40代男性
                15キロを過ぎから膝の痛みが強くなり、体重を掛けると痛みが増す。
                この症状に対し、膝関節周囲のツボ三箇所に鍼シールを置きました。その直後から、体重を掛ける際の痛みが軽減し、マッサージとストレッチ運動後マラソンに復帰しました。
                およそ5分以内の治療で効果が見られ、急性症状に対する鍼灸マッサージの有効性を再確認する事が出来ました。   

                (文:脈状診 大山鍼灸院 大山智弘 )


                 


                熊本震災ボランティア活動

                0

                  2016年4月14日、熊本県を中心に大規模な震災が発生しました。

                   

                  つくば鍼灸師マッサージ師会を代表し、副会長沼尻良夫が熊本県内の避難所を訪れ、5月1日〜7日の7日間、延114名の避難所生活する方々へボランティア治療させて頂きました。
                   
                  ◆避難所生活する方々の特徴的な症状
                   
                  過酷な環境で寝泊まりの避難する人達は、過度な緊張状態継続から交感神経優位な状態の長期間継続等による自律神経のアンバランスが原因となっているのでしょうか、
                  ・触れただけで身体中に痛みを感じ、夜眠ることも出来ないでおられる方々、
                  ・後頚部や肩甲間部・膝等の痛み、腰痛の症状がおきたり、以前からあった症状が悪化したり、
                  ・長期間の過緊張が原因か、三十代の青年は後背部に痛みを感じ仰向きで寝ることができない。
                  ・圧迫骨折による腰部痛で鎮痛剤服用が常時必要で、歩く時は杖が必需品だった方、治療後杖を忘れ、届ける一コマも。
                  ・自覚症状はないが、治療後の感覚の変化で疲労蓄積を実感できた職員の方々。
                   
                   鍼灸治療は、避難所生活により発生する多彩な症状に苦しむ全ての人達に対して、非常に効果的であった、
                  と私は実感できました。
                   

                  上空 

                   熊本空港にアプローチする機上から観る地上は、青い色の屋根が非常に多いと目に映りました。
                  「青い屋根瓦は熊本の方々の好み?」 と思いました。
                   しかし、それらの屋根の青色は、被災した屋根を応急処置するために使用したブルーシートでした。目に付いた数だけ震災の影響を受けた家屋が限りなく私の視界に広がりました。
                   

                  城 

                   熊本市内には震災の痕跡が沢山あります。
                   シンボルである熊本城は、震災の影響により数百年にも及ぶ頑強な石垣が崩れれかけております。
                   災害の痛ましい爪痕です。
                   

                  避難所

                   たくさんの方々が避難していた熊本市一新小学校の体育館でした。
                   私がその地を離れる時、避難していた人達の多くは市補助による賃貸アパートや自宅、知人宅に移り、日々少なくなっておりました。
                   

                  文責:リウト鍼灸治療院(沼尻良夫) 


                  鬼怒川水害ボランティア活動

                  0

                    2015年9月〜10月、鬼怒川堤防崩壊に伴い、茨城県内では常総市を含む広大な地域が水害にみまわれました。

                     

                    家そのものが濁流に流された方、床上浸水で住むことができない、その様な多くの被災者の方々がつくば市内の施設に避難されてきました。
                     
                    東日本震災ボランティア治療での体験から推測しますと、避難している方々への施術は非常に効果あり、治療ニーズはたくさんあるように感じます。
                     
                    師会の会員が、つくば市内に避難している水害避難者へのボランティア施術活動しました。

                     

                    文責:リウト鍼灸治療院(沼尻良夫) 


                    つくばマラソンにて

                    0

                       毎年11月に開催される「つくばマラソン」にて、鍼灸マッサージの施術ボランティアを行っています。

                       

                       25km前後のコース途中での施術であるため、疲労や疼痛で施術を希望されるランナーも再びコースに戻る希望を持っていらっしゃいます。そのため、短時間で効果的な施術が求められ、非常に刺激的かつ濃密な時間を過ごします。

                       

                       常陽リビングに私たちの活動が掲載されました↓。(2013年11月23日)

                       

                      常陽リビング記事20131123

                      文責:リウト鍼灸治療院(沼尻良夫) 


                      << | 2/2PAGES |