20180119医療福祉事例検討会レポート

0

     今回は、在宅ではないが、施設入所者の困難事例でした。

     

     80歳代女性。夫と2人の息子(共に既婚)がいる。
     若い頃から双極性障害があり、入退院を繰り返してこられたらしい。夫は行商の仕事で家を空けることがあり、その時に入院が重なった経験等から、子供たちの本人(=母親)に対する愛情は「全くない」。

     

    脳梗塞の既往もある。
     平穏なときもあるが、被害妄想、嫉妬妄想、家族への暴言、作話、徘徊、自傷行為等があり、他者に対して攻撃的になる一面もある。
     会話はでき、一見普通に見えるが、話す内容に整合性がない。

     嫉妬妄想で夫に過剰な暴力を奮ったことをきっかけに、家族間の心情的な繋がりが切れたようで、修復は不可能な状況。
     精神科病院を退院後、グループホームに入所となり、今に至る。

     

     このグループホームは終の棲家として位置づけられていないため、別施設に移動を視野に入れなくてはならないが、在宅復帰は不可能で、今後の住み替えが課題になっている。
     グループホームで看取りを行っている施設はなくはないが、そもそも終身入所が考えられた施設形態ではないそうなので、いつまでどのように引き受けていくかが課題となっている。

     

     本人は、夫や子供たちに愛情を示すが、夫や子供たちには本人とは積極的に距離を取りたがっている。施設としては、本人の希望を叶えてあげたいと考えたが、それはかえって家族の希望とは真逆である。誰に焦点を当てて環境を整えていくか?が立場によって180度変わってしまうという事例であった。

     

     本事例は、双極性障害と脳血管性認知症とが合わさっている病状であるようで、元々の性格と病気による影響とが混在してしまい、周囲(特に家族)が本人の言動が病気によるものである可能性を理解することが困難な状況であった。周囲にとって不快な言動が、病気の影響があったと考えられたならば、人間関係の悪化を少しでも食い止めることができたのではないか?という話も出てきた。

     相手の肌に触れ、言葉を交わす仕事である我々の仕事の中でできることを考えるとしたら、このような点でしょうか。

     肌に触れ、当事者を詳しく知ることができつつ、一般よりも医療情報を多く持つので、病状と性格とを分別して捉えることができる立場です。

     在宅介護の環境は、多職種が関わる医療・介護チームでの活動となります。その中で、鍼灸マッサージ師がいかなる関わり方ができるかを、もっと模索していきたいと思います。
     


    明けましておめでとうございます

    0

      新年、明けましておめでとうございます。

       

      昨年は、つくば市役所地域包括支援課主催の在宅医療・介護連携推進事業意見交換会への案内を、実は初めてつくば鍼灸マッサージ師会宛に送って頂きました。

       

      これまでは、我々鍼灸マッサージ師の団体宛に送られてきたことはなかったので、小さなことと感じられるかもしれませんが、大変嬉しく感じたものでした。

       

      もちろん、単にスタート地点に立てただけのことなので、これからの活動が大事であることは言うまでもありません。

       

      今年も、より一層、つくば市において、鍼灸マッサージや東洋医学について、広めていけるよう頑張って参ります。

       

      ご支援ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

       

      ミニ門松

      (年末に作ったミニ門松です。)


      地域ケアシステム推進事業上半期報告会レポート

      0

        12月15日(金)に行われた地域ケアシステム推進事業上半期報告会を傍聴した際の感想をレポートさせて頂きます。

        この報告会は、地域別ケア会議を総括する場のようです。

        地域別ケア会議とは、「高齢者個人に対する支援の充実と、それを支える社会基盤の整備とを同時に進めていく、地域包括ケアシステムの実現に向けた手法。((リンク)」

        平たく言えば、地域包括ケアシステムをいかに確立していくか?という仕組み作りを、各地域において具体的に話し合い、政策レベルで汲み上げていく場と考えられます。

         

        資料によれば、圏域別ケア会議での職種別参加状況について、鍼灸師・マッサージ師は皆無です。
        一方、理学療法士は26名と、1割近くの参加率がありました。


        PT・OTネットワークの代表者がこの推進事業に参加しており、その方の発言として、病院勤務で地域のことが分からないので、知ってもらう機会としてこの圏域別ケア会議に出席を呼び掛けているそう。それが26名の参加に繋がっているのではないかとのこと。

         

        僕はまだ、地域包括ケアシステムが確立している地域の先例を調べていません。したがって、きちんとしたことは言えませんが、上記のような状況では、地域包括ケアシステムは鍼灸マッサージ師の存在は省みられないまま策定されていくことでしょう。

         

        実は僕は、これまで医師会主催の医療福祉事例検討会で存在感を示していければ、鍼灸マッサージ師の地域包括ケアシステムへの参入にはある程度なんとかなるのではないかと考えてきました。

         

        しかし、上記リンク先のデータ(スライド3ページのみの少ないデータなので是非御参照下さい)を見ると、圏域ケア会議にて検討された内容で策定されていく様子です。
        事例検討会だけではダメなのかもしれない、と思うようになりました。

         

        そうなると、我々鍼灸師・マッサージ師が健康保険上もある程度有効と捉えられている痛みに対する範疇は、整形外科やPT・OT等の一般的にリハ職と言われる職種に委ねられることになるかもしれません。

         

        来院であれ在宅であれ、整形外科やリハ職では対応できず、我々鍼灸師・マッサージ師だからこそという場面があります。
        今のままでは、漂流する患者や家族が出てきかねないのではないか?と思われます。

         

        来年は、少しでも圏域ケア会議にも参加できるようにしたいと思いました。

        そして、少しでもこの地域に鍼灸マッサージや東洋医学の知恵で暮らしを支えられるような環境を作っていきたいと願っています。

        本年も大変お世話になりました。
        また来年もどうぞよろしくお願い致します。

        (文責:つくば草の根はりきゅう院 小池栄治)


        在宅介護家族交流会にて講義

        1

        12月15日(金)、つくば市高齢福祉課からつくば鍼灸マッサージ師会に要請を頂き、在宅介護家族交流事業への協力として、「自宅でできる疲労回復のツボと養生法」と題して、話をして参りました。

         

        参加人数は多くありませんでしたが、在宅で家族を介護している方(在宅家族介護者)が束の間の安らぎを求めていらしているのがよく分かり、僕としても大変勉強になりました。

         

        患者本人に支援の目が届くのは当然ですが、その介護を行う家族には(疾患等ではなく“単なる疲れ”と捉えられるためか)目が届きずらいものです。行政側でも、そうした家族を注目する部署というのはないとのことです(現在は高齢福祉課)。

         

        注目されるようになるのは、その家族も何らかの“病気”になって支援が必要になる時や、疲弊度合がよっぽど厳しくなった時くらい。

        あるいは、外部から入っているケアマネジャーや訪問看護師などがその大変さに気が付いた時でしょうか。
        在宅家族介護者はきっと、忍耐強いのでしょうね。周囲に弱音を吐けないのかもしれません。

         

        鍼灸師、マッサージ師として活動する方は、数十分単位の比較的長く、施術時間を設けますから、介護する家族の苦悩を聴かれている方は少なくありません。時には、その辛さを労うために、短い時間でもサービスとして肩なり腰なりをマッサージしてあげた、という話を聞くこともあります。

         

        医療や介護を受ける中心となる当事者の周囲にいる介護家族にも、きちんと目が向けられる社会になっていって欲しいと思います。

        つくば師会としても、何かしらサポートしていくことを考えたいものです。

         

        一緒に行って頂いたからだ元気治療院厚木美幸先生、ありがとうございました!

         

        文責:つくば草の根はりきゅう院 小池栄治

         


        医療福祉事例検討会レポート〜高次脳機能障害を持つ事例

        0

          20171215医療福祉事例検討会レポート

           

           今回は、50歳代で高次脳機能障害を発症し、失語・失行・他動的・他罰的・注意障害・脱抑制症状などの問題行動が現れ始めたケースでした。

           

           仕事中の夫に何度も電話を掛ける、同じ敷地内で別居している義母宅に何度も出入りしたり、早朝3〜4時台に家の中でドタバタし家族を起こす、等で介護家族が疲弊し、ケアマネジャーが家族負担を減らすことを念頭に困難事例として挙げられました。

           

           高次脳機能障害について脳外科医から説明があり、
          ・脳梗塞後遺症とは違う
          ・認知症とは異なり記憶障害があっても感情はそのまま維持される
          (=プライドも強く維持される。この点で関わり方が難しい)
          ・一見、普通に見えることもできていないことがある、
          などを伺いました。

           

           これに基づき、脱抑制症状は該当しないため、前頭側頭葉型認知症(既往歴に左側頭葉皮質下出血もあった)が影響を及ぼしているのではないか?という指摘がありました。


           ここ数回の事例検討会では、診断された病名やその程度が、果たして適当であるのか?という指摘が続いています。
           我々鍼灸マッサージ師も、対応する患者の病名や程度について、適当であるかどうかの冷静な視点を持たないといけないと改めて思いました。

           

           さて、家庭内で家族を疲弊させる大きな要素が、明け方の活動です。
           家族の睡眠時間を大幅に削ることになり、精神的な負担が大きくなっています。
           早朝に起きることについて、病気に起因するものと推測される問題提起がありましたが、そもそもこの方は、病気発症前はファストフード店で朝勤務だったそうで、可能性として出勤前に家事をこなすため、元々起床が早かったかもしれないと指摘がありました。

           

           この症例に限らず、特に認知症の方の言動が、病気によるものか元々の性質によるものか、見極めが難しいケースは多々あります。
           上記のケースであると、そもそも超朝型なライフスタイルであった場合、睡眠薬でどこまで制御できるか?という疑問が生じるようです。

           

           この点でも、我々鍼灸マッサージ師は、患者や家族と接する時間が比較的長いため、多少なりともこの問題に情報提供することができそうです。

           

           また、本人は「眠れていない」という発言をされるそうです。周囲からすれば“寝ている”そうですが、熟睡度に疑問が生じます。

           

           この日の最後の感想発言タイムでも発しましたが、鍼灸マッサージの観点からすれば、頚肩等を緩めることで睡眠を深まり、頚肩のツボは精神安定の作用があるわけです。
           こうしたケースでも鍼灸マッサージや東洋医学の知恵が役立てる場面が大いにあると感じました。

           

          今回のまとめ;
          1、診断名やその程度を確認する視点を持って施術に臨む
          2、診断に繋がる患者情報を蓄えていくという視点が必要
          3、睡眠の質について、東洋医学や鍼灸マッサージからの視点を伝えていきたい

           

           今年は、この事例検討会において、ある困難事例の一症状に対しケアマネジャーの方からマッサージの活用も検討してみたらどうかと言う発言を頂いた場面が数回ありました。昨年からすると、目覚ましい、大きな進歩です。
          (このケアマネジャーに直接関わるマッサージ師の力も大きいでしょう)

           

           また来年も、医療福祉事例検討会において、他職種の方々に鍼灸マッサージや東洋医学的な視点を伝える活動をしていきたいと思います。

          (文責:つくば草の根はりきゅう院 小池栄治)


          膝周囲の痛み、膝屈伸運動時の痛み

          0

            雰囲気1

            症例第3弾です。

             

            70代男性

             

            主訴:膝周囲の痛み、膝屈伸運動時の痛み

             

            初見:怪我となるような原因や、膝の腫れは無いものの、臀部から大腿部に強い筋肉の緊張が見られる。

             

            施術:臀部と大腿部前後面の筋肉全体を広い面で軽く圧迫、軽めのストレッチを加えることで筋肉の緊張が無くなりました。

            膝そのものでなく、膝の動きに関わる筋肉へアプローチすることで、膝の痛みが軽減し、足が軽くなったとマラソンに復帰されました。

            ごく軽い刺激によりリラックス効果が期待でき、血行の戻りと共に疲労物質も、上手く代謝されたのではないかと考えます。

            年齢や男女の別無く、この様な症状を訴えるランナーが多く、皆同じように施術を行うことで、痛みが軽減しました。

             

            我々の普段の治療の場においても、症状のある部分だけに捕らわれず、そこに関わってくる色々な方面に目を向ることが、重要であると再認識しました。

             

            脈状診 大山鍼灸院

            大山智弘


            大腿部と膝裏の痛みを中心とした下肢全体の緊張と疲労

            0

              厚木先生

              症例2

               

              大腿部と膝裏の痛みを中心とした下肢全体の緊張と疲労(20代男性)

               

              部分的には腰部、足関節周囲の筋緊張を緩めて、後は揺らすような感じで全体の流れが改善するように施術をしました。

               

              下肢全体の緊張が取れ、膝裏の傷みも気にならなくなったようで、復活した!と仰ってコースに戻って行かれました。

               

              日頃には無いスピーディさと緊張感、そして一体感のようなものを体験させて頂きました。ありがとうございました。

               

              からだ元気治療院

              厚木美幸
               


              左脚の内転筋が攣った症例

              0

                つくばマラソン施術ボランティアで活動された会員より、症例を挙げて頂きました。

                 

                磯田先生

                第1弾です;

                 

                受付で、攣ったと訴えあり。歩くのが大変かと思うほどの状況で、不安定ながら跛行しつつ、ベッドまで来れた。

                 

                患部を確認し、その他に辛いことを質問すると、両膝周囲にも疼痛ありとのこと。2日前の練習中にも、同様の症状があったとのこと。

                 

                まず、患部にクリーム(メンQ)を塗布し、痛み緩和を図った。次に、周囲の筋肉に負担が掛かっているので、両下肢筋の緊張を緩めた。具体的には、痛みの出ない範囲で、脚の屈曲とストレッチ開脚を行い、痛み緩和と血流促進(ストレッチ効果)を施した。最後に、左脚の内転筋の補強と疼痛緩和および支持筋力保持の目的で、テーピングを行う。

                 

                施術後、立位にて足踏みもして頂き、術後の負荷の掛かり具合や痛み程度、そしてこの後に走れそうかを問うと、だいぶ良いとの返事を頂いた。コースに戻って走って行く際には、足は引きずっていないように見えた。


                施術後、立位を取ってもらい、足踏みもしていただき、脚の具合い、痛み程度、この後に走れそうかをランナーに問うと、だいぶ良いとの返事をいただいた。そのまま、コースに戻って走って行きました。跛行している様は消えているようでした。

                 

                磯田鍼灸整骨院
                磯田明彦


                第37回つくばマラソン施術ボランティア

                0

                  集合写真

                  11月26日(日)第37回つくばマラソンが開催され、ボランティア施術を行いました。

                   

                  場所:24.5キロ地点

                  参加者:つくば師会会員(塚本、沼尻厚木、磯田、小池大山

                     お手伝いの先生方:上杉大先生(IGNIS治療院)、李志城先生(かとり台整骨院)

                     一般ボランティア方4名

                  計12名

                  ◆利用人数:79名

                  (名簿記載後キャンセル2名、混雑していたため名簿記載せずコース復帰約3名)

                   

                  ◆症状部位

                  首:0名

                  肩:1名

                  もも:30名

                  ふくらはぎ:23名

                  足裏:13名

                  股関節:1名

                  尻:1名

                  膝:17名

                  足首:2名

                  腰:2名

                  全身:2名

                  楽に走りたい:1名

                  張っている:1名

                  関節:1名

                  記載なし:3名

                  ※1人が複数の部位を訴えるケースがあるため合計は81を超える

                   

                  今回は、事前に前大会で不備と思われる点を挙げて(施術ブースの場所、広さ、支給される備品について)要望書を作成し、スポーツ振興課に提出しました。

                  課の担当者も快く受けてくださり、施術環境は前年と比べ、大きく改善されました。

                  又、以下に挙げる「声掛け」を行ったことで、各施術者がその時の状況を把握することができ、混雑時のランナーの待ち時間短縮に繋がりました。

                   

                  ●施術待ちのランナーの人数を知らせる。

                  ●ベッドが空いた際、施術者から受付担当者への速やかな声掛け。

                   

                  次に問題点として、以下に挙げる意見を頂きました。

                  ●受付で症状を聞く必要が有るのか(結局施術に入るときまた症状を聞かれる)

                  ●受付表の記入方法の見直し(混雑時は名前を記入するのも大変である)

                  ●アンケートハガキは受付で渡すようにしてはどうか(施術終わりに術者が渡していたが、混雑時に忘れてしまう)

                  ●受付した順番どうり施術するのではなく、マラソン復帰希望の方を優先的に施術してはどうか(例えば混雑時は、復帰希望組とリタイア組で分ける)

                   

                  以上、これら問題点を改善し、今後の活動をより良いものに出来ればと思います。

                  (文責:脈状診 大山鍼灸院 大山智弘)


                  20171117医療福祉事例検討会

                  0

                    今回は認知症疾患センターからの事例で、現在は入院中の当事者をいかに処遇していけるか?が課題となりました。


                    当事者は80代半ば、男性。家族は妻と長女のみで同居していたが、アルツハイマー型認知症より徘徊と暴力があり、自宅療養が困難とみられ、入院を継続している。
                    女性に対して強圧的な姿勢がみられ、入院先でも、男性職員の言葉は聞くが、女性職員は軽んじる傾向があるとのこと。
                    家族は、決して介護意欲がないわけではないが、徘徊に付き合ったり、暴力を受けることを考えると、施設入所に行き着くのが妥当とみられる。しかし、女性に対する暴力性がみられるため、現状では困難。

                     

                    課題は、徘徊して他の患者の部屋に入ったりしてトラブルが生じることと(施設入所になったとしても同様の問題は生じ得る)、暴力性が落ち着かないこと。
                    共に、「いい鎮静の具合がないか?」というのが病状的には課題とみられました。薬物による行動の抑制は、現時点では試行錯誤状態で、有効な落ち着かせ方を見つけられていないとのことです。

                     

                    病院からの事例提出に対し、施設ケアマネージャーからの言葉は頼もしいもので、そうした不穏な状態の方は既に利用されていることも多いため、対応は可能であると捉えられている。ただし、施設は女性職員が多い為、特に夜間帯勤務時が不安であると発言され、ここでもいかに落ち着かせるかが課題となっていました。

                     

                    今回の事例に対して、こうした暴力行為や不穏状態にある方に対し、体表面からのアプローチが精神面にも鎮静作用があることをいかに伝えるか?を思案していて、結局手を上げることができませんでした・・・。
                    エビデンスから指摘すべきか、それとも背中を撫でて落ち着かせるようなしぐさは一般でもあるからそちらから攻めるか、毎回悩み、答えが出ません。

                     

                    このケースでは、自宅にいた際に、隣家の親しい方が遠方家族の傍に行かれて居なくなってから元気がなくなったとありました。訪問マッサージに限った話ではありませんが、手を当てながら親しく話せる関係になっていくのは、我々のような職種ではよくあることです。それが体調面でも良い効果を作り出す原動力になっていると捉えられる場面も多々ありますが、事例検討会のような場でその効果を主張できるとは思えず、苦悩します。

                    なかなか悩ましい事例でした。

                     

                    今回は感想タイムは設けられなかったので結局上記のマッサージ方面からの提案は全くできなかったのですが、報告者グループの医師には、最後に考える会のニュースレターをお手渡しした機会に背中を擦る施術の効能に鎮静効果を求めることができなくもないとお伝えしました。どのように聴いて下さったかは分かりませんが・・・。

                     

                    以上、今月の報告でした。


                    << | 2/3PAGES | >>