第37回つくばマラソン施術ボランティア

0

    集合写真

    11月26日(日)第37回つくばマラソンが開催され、ボランティア施術を行いました。

     

    場所:24.5キロ地点

    参加者:つくば師会会員(塚本、沼尻厚木、磯田、小池大山

       お手伝いの先生方:上杉大先生(IGNIS治療院)、李志城先生(かとり台整骨院)

       一般ボランティア方4名

    計12名

    ◆利用人数:79名

    (名簿記載後キャンセル2名、混雑していたため名簿記載せずコース復帰約3名)

     

    ◆症状部位

    首:0名

    肩:1名

    もも:30名

    ふくらはぎ:23名

    足裏:13名

    股関節:1名

    尻:1名

    膝:17名

    足首:2名

    腰:2名

    全身:2名

    楽に走りたい:1名

    張っている:1名

    関節:1名

    記載なし:3名

    ※1人が複数の部位を訴えるケースがあるため合計は81を超える

     

    今回は、事前に前大会で不備と思われる点を挙げて(施術ブースの場所、広さ、支給される備品について)要望書を作成し、スポーツ振興課に提出しました。

    課の担当者も快く受けてくださり、施術環境は前年と比べ、大きく改善されました。

    又、以下に挙げる「声掛け」を行ったことで、各施術者がその時の状況を把握することができ、混雑時のランナーの待ち時間短縮に繋がりました。

     

    ●施術待ちのランナーの人数を知らせる。

    ●ベッドが空いた際、施術者から受付担当者への速やかな声掛け。

     

    次に問題点として、以下に挙げる意見を頂きました。

    ●受付で症状を聞く必要が有るのか(結局施術に入るときまた症状を聞かれる)

    ●受付表の記入方法の見直し(混雑時は名前を記入するのも大変である)

    ●アンケートハガキは受付で渡すようにしてはどうか(施術終わりに術者が渡していたが、混雑時に忘れてしまう)

    ●受付した順番どうり施術するのではなく、マラソン復帰希望の方を優先的に施術してはどうか(例えば混雑時は、復帰希望組とリタイア組で分ける)

     

    以上、これら問題点を改善し、今後の活動をより良いものに出来ればと思います。

    (文責:脈状診 大山鍼灸院 大山智弘)


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM