圏域ケア会議に参加して

0

     2018年度から圏域ケア会議に参加しています。

     

     つくば市での圏域ケア会議は、ケアマネジャーさんや訪問看護師さんから提示された在宅における困難事例1例を、多職種が集まり協働して改善させようとする場です。個別ケースの改善と共に、地域社会基盤の整備とを同時に進めていく、地域包括ケアシステムの実現に向けた手法でもあります。(地域ケア会議について

     

     参加して思うのは、やはり鍼灸師・マッサージ師は、こうした場に積極的に参加し、我々の視点を伝えていくべきだ、ということです。

     

     また、医療介護がいかなる連携で行われているのか?という視点を、我々自身が把握していく必要があります。鍼灸師・マッサージ師は、ともすれば、自院での臨床に視野が狭まれがちです(自戒も込めて)。

     症状や病気によっては、医療機関や介護事業所と関わることで、患者さんの生活がより快適になることがあると、もっと知っていきたいものです。

     

     営業的に考えれば、こうした場でケアマネジャーさんや医療関係者と顔の見える関係性が作られることは、互いに利用者を紹介し合えることが無いとは言えません。

     

     縁あって関わり合うことになった方々を、地域内で最期まで支えていけるようにするためにも、圏域ケア会議に鍼灸師・マッサージ師の参加が望まれると思います。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM