20180817医療福祉事例検討会レポート

0

    今回の事例報告は、ケアマネージャーさんでした。

     

    対象者は、70歳代前半の女性で、要支援1。


    同居家族は、70歳代後半で脳梗塞発症後に要介護2となった夫と2人暮らし。
    娘は家族と共に県外在住で、介護には携われない状況。

     

    夫は、ある程度、自身のことはできる様子で、オムツはしていないらしい。介護負担度は強いわけではなく、むしろ日常生活の家事に対し、左手首の疼痛で支障をきたしているようだ。

     

    身体状況は、シェーグレン症候群、骨粗鬆症(比較的軽い刺激でも骨折があり得るほど)、腰椎圧迫骨折による腰痛(時折、痛みがある程度)、左橈骨遠位端骨折(日常生活に支障があるレベル)。

     

    興味深いのが、介護保険によるヘルパーではなく、自費で家政婦を呼んでいる点。保険だと、制限が多くて日々の要望に適わないことが多い上に、限度額を超えてしまうと自費よりも多くなってしまうとのこと。総合的に考えると、自費の方が勝手が良いらしい。
    夫が高収入であったようで、自費でも年金や貯蓄で充分に対応できるようである。

     

    困難事例として提出された課題は、「親族が近くにおらず、長女も遠方で生活しているため、介護協力が得られない。現状では自費ヘルパーを利用しなんとか二人での生活ができているが、療養の場所も含めて今後のサービスをどのように検討して良いか?また、在宅での生活継続する場合、他にどのような支援が必要か?」であった。

     

    本件を鍼灸マッサージ師の視点で捉え直すと、以下が考えられた;
    ・痛みに対して、鍼灸師・マッサージ師であればどのようにアプローチするか?その機序は?等にもっと積極的に情報発信していく必要がありそう。
    ・PT・OTは、痛みよりも転倒による骨折のリスクを優先して考えていた。隣接領域である鍼灸師・マッサージ師としても転倒予防を考えるが、その優先度に違いがあることを改めて印象付けられた。我々は、利用者の将来も含めた暮らし全般を支える視点を、もっと意識的にもたなければいけない。
    ・ケアマネジャーは、担当する利用者の将来的な支出全般についても心配を抱く人がいる(=介護破産、老後破産)、ということを知っておきたい。そこにも、いかに寄り添うことができるか?
    ・訪問先の患家に、必要であれば提供できる有用な情報として、以下が紹介された;
    〜サ高住や小規模多機能での生活では、むしろ現在よりも安く、かつ安心して生活していけるかもしれない、らしい。
    〜緊急時に即対応してくれるサービスとして、ALSOKとセコムがある。遠方の家族に通報してくれると同時に、駆けつけてくれるサービス。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM