スポいば会合報告

0

    先週金曜夜、スポーツ鍼灸マッサージいばらき(略称:スポいば)の会合に出掛けて参りました。
    茨鍼会会長が会長、県師会会長が副会長兼事務局となり、この2人を中心に、両師会に加え、県視覚障害者協会、技術大といった方々が集まっておられました。

    ぶっちゃけて言えば、この集まりは、これまで県と折衝する上で業団体が一つになっていないことが大きな問題であったことを、国体を機に在り方を模索しようという流れのようです。

    そのため、連携(?)協議そのものが初段であり、国体に向けて具体的な内容は出てこなかったのが実際です。
    施術対象者(選手、競技関係者、観客等)、どの競技に行うか(⇒施術エリア)、等は決まっていません。
    国体は来年に迫っているが、あまり進んでいないのが実態です。

    業団体として県単位で一つにまとまる大きな機会なので、うまく乗り切っていきたいものです。

    アスレチックトレーナーの協会が国体の大きな部分を取り仕切る様相のようで、そこに担当者を派遣することについて話が出ました。国体のどの競技にスポいばが関係することができるのかは、この中での協議に掛かってくるようです。

    障害者国体については県障害福祉課からの依頼があったようで、これは具体的に進みそうな状況のようです。

    会合そのものは穏やかにスムーズに進み、90分で終えました。

    つくば師会が発行してきた新聞を持参し、出席者にお渡ししました。
    情報発信を具体的に実行しているのをご覧頂き、感心されました。

    他の関係諸団体が市町村をまたがっているのに対し、我々はつくば市という特定の市で活動している違いは、大きなものです。
    他でできない具体的な活動をもっとやっていきたいものだと思いました。

    また、スポいばの活動を通して、つくば市内においても鍼灸マッサージや東洋医学についての有用性をアピールする機会を作っていきたいものです。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM