東洋医学の考え方の1つとして

0

     実は鍼灸マッサージには、“流派”と呼べるほどに、人体の捉え方や施術法に多くの違いがあります。この業種を理解し難くする大きな要素であると同時に、逆にうまくハマれば西洋医学では改善しにくい症状や病気でも、比較的容易に寛解あるいは治癒するケースがあります。

     

     考え方の一つの例として、頚肩凝りが脳との血行を阻害するというものがあります。

     

     静脈は、主に筋肉の力を借りて心臓に戻ります。

     

     頚肩部の筋緊張があると、筋肉の収縮が不十分であることから、脳から心臓に戻るはずの血液も戻りが不十分となり、頭部に血液が鬱滞するという考え方ができます。その結果、頭痛・めまい・耳鳴り・鬱症状・自律神経失調症などの主に頭部を中心に起こる症状が起こり得る、と考えます。

     

     原因が明確に定まらない症状に、鍼灸マッサージが有効であるケースは多くあります。西洋薬との併用もできるケースも多いので、こうした事例を知って頂き、少しでも多くの市民の悩みに寄り添うことができれば幸甚です。

    つくば草の根はりきゅう院・小池)


    | 1/2PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM